• yourstylenozaki

秋の日焼けについて





最近は随分、涼しい陽気になってきましたね。

日焼けと言ったらやはり”夏”をイメージしがちですよね?秋だからと甘く見てはいけません!

今回は秋ならではの日焼け、紫外線についてお話していきます。



●UV-Aは夏よりも、夏以外のほうが多い

紫外線には、紫外線A波(UV-A)紫外線B波(UV-B)紫外線C波(UV-C)の3種類あり、紫外線C波(UV-C)はオゾン層で吸収されてしまうため、地上には到達しません。

ですので、私たちに影響を与えるのは(UV-A)と(UV-B)になります。

紫外線B波(UV-B)は夏に多く、肌が赤くなりヒリヒリする原因となる紫外線です。

これは秋には減少しますが、紫外線A波(UV-A)は秋になってもそれほど減ることはありません。

こちらは、肌のハリ低下やシミ、シワなど肌老化の原因となると言われています。

つまり、夏の間だけ日焼け対策をしていても秋以降もしていなければ、日焼けをしてしまうことになるのです。

秋以降も紫外線量を甘く見ずに日々のUV対策を行うことが必要です



●秋の日差しに注意

秋は夏よりも太陽の位置が傾いているため、日差しが夏のように真上からではなく斜め上から降り注ぎます。

そのため、日傘や帽子を使っていても顔への日差しはカバーできていないこともあります。


ちょっとしたお出かけにもBBクリームや化粧下地タイプのものなど、“顔用”の日焼け止めを毎朝のスキンケアに組み込んでしまうのがおすすめです。



●乾燥にも気をつけよう

秋から冬にかけて特に注意したいのは、お肌の乾燥ですね。

湿気が少なくなって乾燥が気になり始める秋に紫外線を浴びることで、さらに乾燥が深刻化してしまうことも。

紫外線を浴びると約3倍も乾燥しやすくなるというデータもあるそうです。

乾燥が厳しくなる秋冬、お肌の乾燥をより深刻化させないためには日々の保湿を心がけ、日焼け止めや化粧下地にも保湿効果の高いものを取り入れることがおすすめです。

乾燥した顔全体に紫外線が当たるとより一層乾燥が進むだけでなく、紫外線も肌の奥まで届いてしまいます。

肌の奥にダメージが溜まってしまうと回復が間に合わず、深刻なシミやシワの原因となります。


また、脱毛中はお肌が乾燥気味になることもありますので、より一層気をつけたいですね



紫外線対策は美容に関心のある女性をイメージしがちかと思います。

しかし、紫外線は皮膚がんや白内障にも影響してくるので、女性だけではなく男性もしっかりと対策していきましょう!



当店では脱毛だけでなく、フェイシャルエステも行なっています。

お肌のお悩みなども、是非お気楽にご相談ください!


#メンズ脱毛

#四日市

#桑名

#鈴鹿